ブログ

「せんはうたう」の書店での販売が始まって約1か月が経ちました。

本の完成はゴールではなくてスタートだと、頭では分かっていたことですが、私の処理能力を超えるもろもろがどっと押し寄せて、すっかり翻弄されております。

献本やサンプルの送付はいまだ中途です。友人知人の励ましや、丁寧な感想のメールにも、返信が出来ていません。本業にもしわ寄せがきているし、家事も手抜きの極みです…みなさん、ほんとうにごめんなさい。HPの更新もままならず、始めたばかりのFBやツイッターには、慣れずにオタオタするばかりです。

ついつい気が焦って本来のガサツな性格が前面に出てくるのですが、これはいけません。踏みとどまります。せっかくこんなに美しい本を販売しているのですから、なにごとも落ち着いて丁寧に。お待たせしてしまっても、そのことを許していただけるように、美しい気持ちでひとつずつこなしてゆきます。

初版2,000部の在庫は、すでに約半分に減りました。ありがとうございます。

 

5月5日こどもの日は、毎年恒例の「ことばとあそぶ おととあそぶ」のライブです。

出演は、谷川俊太郎さん&谷川賢作さん、「ロバの音楽座」の皆さんです。

ロバハウス1

絵本「もこ もこもこ」を上映しての朗読&演奏は、アクシデントも含めて、すごく楽しかったのでした。画面に出演者全員がどうしても入らなくてごめんなさい。

ロバハウス2

「せんはうたう」も紹介していただきました。おかげさまで完売しました。

ロバハウス3

終演後は外でのサイン会。行列が出来ましたが、待っている間もみなさん嬉しそうでした。

5月2日に「せんはうたう」を美しく仕上げてくださっている、手製本の美篶堂さん伊那工場に行ってきました。

美篶堂入口

入り口には製本用の道具が干してありました。使い込まれ手入れされているものたち。

もうこれだけで、丁寧な手仕事の温かさが伝わってきます。

美篶堂工場中

工場の内部はこんな様子です。みなさんで黙々と「せんはうたう」を製作中です。感無量です。

この見学の詳しい様子は、後日たっぷりとお伝えします。

工場長の上島真一さんに解説文を書いていただく約束です。お楽しみに。

美篶堂さんについて興味のある方には、この本がお勧めです。「手製本のしかた」と「美篶堂ものがたり」の二部構成です。

美術出版社 本体価格2,000円 アマゾンでも販売しています。

 

4.24ブログ1

「谷川俊太郎・谷川賢作LIVE」です。望月通陽ミュージアムにピアノを運び込んで会場にしています。「せんはうたう」も紹介していただきました。

4.24ブログ2

客席から現れた望月さんは、いきなり壁に絵を描き始めて…

4.24ブログ3

「サリーガーデン5周年おめでとう!」「望月通陽ミュージアム1周年おめでとう!」

4

実は私は、ずーっと物販コーナーにおりまして、LIVEもちょっと覗いただけ、パーティーの様子も写真で初めて見ました。そんな私に、お皿に盛ったお料理を届けてくださったお客さま、どうもありがとうございました。
写真4点は、谷川淳さんの撮影です。

4月12日から3日間、大分に行ってきました。
私にとって大分といえば…「サリーガーデン」のケーキと、憧れの「望月通陽ミュージアム(MMM)」です。

サリーガーデンの入り口

サリーガーデンの5周年とMMMの1周年を祝して、12日(金)にはライブハウス「ブリック・ブロック」で前夜祭の「谷川賢作ソロライブ」が、13日(土)にはMMMを会場に「谷川俊太郎・谷川賢作LIVE&PARTY」が行われました。

昨年12月に「望月さんのイラストで本を作ろう。俊太郎さんに詩を書いて貰おう」と思いついたのとほぼ同時に、サリーガーデンに電話して、上記のイベントを決めてしまった私ですが…
「せんはうたう」の完成をこの日に間に合わせるのは、相当大変なことでした。関係者のみなさま、ご無理かけてごめんなさい。

美篶堂の伊那工場から、大分に直送して頂いた「せんはうたう」は、ここで初めて、著者・望月通陽さんにご覧いただきました。
望月さんにも、奥様にも気に入っていただけて、ほっとすると同時に、勇気が出てきました。
こんな素敵な本を、ひとりでも多くの方に手にとって頂きたい。初版2000部をすぐに売り切る勢いで、営業&販売致します。

望月さん直筆のポップ

ブックケースに「箔押し」をした時のサンプルを、値札のポップにしようと考えて持参していたので、思い切って望月さんにお願いしたところ、値札にするのはもったいないような仕上がりです。

_MG_9913-2_sharp

そして私は、自分用の大切な一冊に、サインも頂きました。嬉しい

会場で「初売り」した26冊は、あっと言う間に売り切れてしまいました。購入できなかったお客様、申し訳ありませんでした。
5月中旬には、サリーガーデンに「せんはうたう」を販売して頂けるようにいたします。

サリーガーデンのスタッフのみなさま、そして「私にとって大分といえば…ehkoさん!」本当にありがとうございました。