まだ未来

発行年月日:2019/11/11
詩17編 函付 本体 5,000円+税
ISBN 978-4-9907084-3-6
定価 : 本体5,000円+税

こつこつと階段を登ってくる
剝き出しのかかとの骨
ベル 遠く鳴り
別の患者たちが礼を述べている
白をタフタフと着た医者だろう
腫れた喉から喉へとハシゴして
冥土カフェで休憩する

―――「りんごの葬り方」(部分)

多和田葉子

多和田葉子 (たわだようこ)

1960年、東京生まれ。早稻田大学第一文学部ロシア文学科卒業。82年、ドイツ・ハンブルグに渡る。ハンブルグ大学修士課程修了。創作活動の傍ら、2000年チューリッヒ大学博士課程修了。1993年、「犬婿入り」で芥川賞受賞。2003年、「容疑者の夜行列車」で谷崎潤一郎賞、2009年には国際的な文学活動が評価されて坪内逍遙賞受賞。

ドイツでは1987年に詩集でデビューし、1988年からドイツ語でも創作活動を開始し、ドイツ語で書いた作品群で1996年シャミッソー賞、2005年、ゲーテ・メダル受賞。2006年よりベルリン在住。ヨーロッパ、アメリカ、アジアでこれまで1000回以上の朗読会を開いている。

購入方法

『まだ未来』は限定1,000部の発行です。
一般書店での販売は控えて、通信販売が中心となります。
11月20日より、美篶堂オンラインショップで、ご購入いただけます。
12月1日より、ゆめある舎でも通信販売を始めます。
2020年4月7日(火)~12日(日)に、銀座・森岡書店で、販売予定です。

準備中