お知らせ

多和田葉子さんの詩集『まだ未来』が発売されて、3ヶ月が経ちました。一般の書店では殆ど流通していませんので、通信販売を中心に緩やかに販売を続けています。

詩集をお手にとって頂ける機会をと考えて、「一冊の本を売る本屋」森岡書店で、4月7日(火)~12日(日)の6日間、活版組版や本文の展示と共に販売を致します。最終日には、多和田葉子さんのトークイベントも予定しています。

是非『まだ未来』に出会いにおいでください。

多和田葉子 詩集 『まだ未来』展

2020年4月7日(火)~12日(日)
13:00~20:00 (最終日18:00まで)
会場 銀座 森岡書店
東京都中央区銀座1-28-15 鈴木ビル
03-3535-5020(13:00~20:00)

 

トークイベント&サイン会
多和田葉子×谷口幸代(お茶の水女子大准教授)

4月12日(日)開場14:30 開始15:00 参加費1,500円
予約定員制 森岡書店特設会場
終了後書籍お買い上げの方対象にサイン会をします
申し込み:森岡書店まで

 

ゆめある舎HP「書籍一覧」の『まだ未来』のページに、製作者対談をアップしました。

活版印刷を担当した、嘉瑞工房・高岡昌生さんと、箱製作のみならず全工程をサポートしてくれた、美篶堂・上島明子さんのお二人に、完成した書籍を初めて披露しながら、お話を伺いました。詩集発行までのあれやこれや、どうかご一読ください。

 

あけましておめでとうございます。

昨年は、ゆめある舎から4冊目の書籍、多和田葉子詩集『まだ未来』を発行することができました。本づくりに取り組む、良い一年が過ごせました。製作にかかわってくださった方々に、深く感謝いたします。

元旦に、ますますおめでたいニュースが飛び込んできました。

多和田葉子さんが、2019年度の朝日賞を受賞されました。とても嬉しく誇らしく、改めて彼女の作品を読み返そうと考えています。

贈呈式の会場には『まだ未来』を展示していただけるそうで、光栄です。

多和田葉子詩集『まだ未来』が、2019年12月21日(土)読売新聞夕刊文化面で紹介されました。本の外側も中身も写真で紹介して頂き、タイトル文字の赤、和紙の赤も分かり、嬉しいです。

『まだ未来』は美篶堂オンラインショップでご購入頂けます。限定1,000部です。

 

多和田葉子さんの詩集『まだ未来』は、本日より、美篶堂オンラインショップでの通販を開始します。定価5,000円+消費税、限定1,000冊です。

『まだ未来』

ドイツ在住の作家・多和田葉子の、2年ぶりの日本国内での新詩集。17編全編書き下ろし。多和田葉子の詩の言葉と音が、濃い密度で迫ってくる。活版で印刷された詩が、綴じられずにそれぞれ独立した作品として、手作りの夫婦箱に収められている。

下記の画像をクリックすると、通販のページに移動します。